無為気功養生会 主宰者の紹介・著書と翻訳

無為気功養生会

アクセスマップ

主宰者の紹介

主宰者のプロフィール

気功主宰者

廖 赤陽(リョウ セキヨウ)

東京大学文学博士。武蔵野美術大学教授。一指禅功宗師劉永言医師に師事。世界医学気功学会常務理事・同学術委員。立教大学をはじめ、多くの大学で「気功」の授業を行っています。

主著『気功で読み解く老子』(春秋社)他。


気功主宰者

廖 赤虹(リョウ セキコウ)

横浜国立大学工学博士。馬氏気功点穴療法創始者馬秀堂医師に師事し、気功点穴と太極拳を学び、陝西省武術協会副主席張桐先生に師事し形意拳を学んだ。

主著『気功ーーその思想と実践』(春秋社)他。


気功主宰者

廖 萃萃(リョウ スイスイ)

門(ビン)西大学教育学部数学科卒、高校教諭。福建中医薬大学卒、中国国家医師資格所持者。一指禅功宗師劉永言医師に師事。世界医学気功学会理事。

主な論著「中医薬による間質性肺炎の治療について」(香港『中外名医論壇』)、『実践気功健康法』(春秋社)

著書と翻訳

気功-その思想と実践 1998年の出版以来、版を重ねる気功の全容が分かるバイブル的な一冊。2012年に増補新装版を出版

Amazonへのリンク
『気功-その思想と実践』
廖赤虹・廖赤陽著
春秋社
(1998)
実践気功健康法 気功の練習法をDVDにまとめ、解説書とセットにした本です。家庭での練習には欠かせない一冊

Amazonへのリンク
『実践気功健康法』
廖赤陽 廖萃萃
春秋社
(2004)
気功で読み解く老子 老子の教えを「心身の実践」を通して読んだ本です。老子の多様な教えを実践的な立場から解釈

Amazonへのリンク
『気功で読み解く老子』
廖赤陽著
春秋社
(2009)
馬氏気功点穴療法 気功点穴コースの教科書で、創始者の馬秀堂氏の書いた本を廖赤虹・大丸恭寛・谷田伸治が日本語に翻訳

Amazonへのリンク
『馬氏気功点穴療法』
馬秀堂著
エンタプライズ出版
(1992)

中国気功健康法 気が癒す 馬氏太極気功八法
『中国気功健康法』
廖赤虹・廖赤陽著
成美堂
(1992)
『気が癒す』
共著
集英社
(1993)
『馬氏太極気功八法』
馬秀堂著
エンタプライズ出版
(1994)
手・足のツボ 小児脳神経障害治療の実際 老子与気功
『手・足のツボ』
廖赤虹監修
池田書店
(2000)
『馬氏点穴療法-小児脳神経障害治療の実際』
共訳
エンタプライズ出版
(2004)
『老子与気功』体と心の実践から老子と中国文化を読み解く一冊
廖赤陽著
上海科学技術出版社
(2017)